> カテゴリ
全体
コフジビルとは
コフジビル19
コフジビル18年
コフジビル17年授業日誌
17年概要説明
17年メンバー紹介
コフジアイス
17年講師報告
17年疑問質問
17年告知
17年イベント
そのほか
未分類
カテゴリ:コフジビル17年授業日誌( 27 )
わいわい日誌 6月22日 雨のち晴れ
むむむ!
とぉーっても、暑いですね。

そんなことよりも、わいわい日誌です。初の写真付き!
写真がもしかすると、大きいのでは。。すみません。

土谷先生日誌(先を越されました。)にもありました通り、またしても何回も、何回も黒板を
消しては書き、消しては書き。
d0047065_19503881.jpg

▲メンバーはこちら、(撮影者のぐち含む)さみしい!
 でも、しゃべり場に至るには充分でした。

地図作りも平行してやることになり、神保町探検へ!
d0047065_19475834.jpg

▲うきうき。それぞれにインしてくるモノに出会ってしまいます。

d0047065_19533924.jpg

▲コンクリートの目線になることはホントに重要です、100%!

d0047065_19411992.jpg

▲探検中、ツリ坊やと遭遇。素敵ですね。

残念ながら、佐藤さんの山羊ビデオはみられず。
来週期待しておりますのでね!

☆アフター・5・ザ放課後☆
d0047065_195753100.jpg

くるくる、インドカレーを探すが、カウンター形式のお店のみ。
ということで、ご存知、ココ○ちにて。
みんな、それぞれ生きることに真剣美学校生。
飲み屋級に居座らせていただきました。ごちそうさま!

                           おわり
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-26 20:03 | コフジビル17年授業日誌
6月15日 雨でしたね
日誌係 のぐちりょうこ

開始メンバーは4人。。。と、とーてもさみしいスタートの15日。
外は梅雨入りらしく雨がシトシト降っておりました。

土谷先生はきょうも、大きなおカバンで登校。
べりっというマジックテープの音で、今日も始まったのだと実感いたします。

みんな、しゅくだいを考えてくる宿題について質問をうけつつ、残りの皆さんを待つ。
あまりやってきていた人はいませんでした。

そんな中、さとうちゃまのハッポスチロール山羊。
感動的なビデオテープ。スヌーピー・ビケイム・山羊。
後半編(アット上野公園・ビケイム山羊)を来週みれる。みのがせないですね!

7月1日・アサヒアートフェスティバル2005、7月6日・自転車部にコフジビルも参加させてもらうことになりました。と、土谷先生より告げられる。

そこで、出展作品にもなります、神保町MAPの進み具合をみーんなで報告し合い試合。
ほんとに、様々な方向で地図を考えていますね。ふふ。
様々すぎて、情熱がまとまらず。静かなる情熱が。

ほぼ、3時間話し合う。土谷先生は何回黒板を書き直していただろうか。

で、結局時間もお金もあまりなし。とういことで以下のような担当で
1つのコフジプレートに収める事に。

音楽+うた 鈴ゆうちゃん 王子☆
物語(ミニ紙芝居) ふーちゃん のぐち
回覧板バン! ゆつちゃん 小野さん(元気ですか?)
マップ 100%マスダケンタロウ
パフォーマンス さとうちゃま

どうまとまるのか、本当に楽しみです。ほんとうに。
わくり・わくり。来週から作業開始。

そ・の・ご(アフター5)
お金なし美学校生。鈴ゆうちゃんを先頭に中華DEトーク。
うまいうまい。やはり、安くてガツリ。早くてガツリがなによりですね。


さあさあ。ところで。
そう、今回肝心のオサシンを乗せることがドゥーしてもできませんでした。
なぜ!最大うんKBってなに?!どなたか、来週是非教えてください。くやぴい。

さてさて。来週は日誌係の使命。
☆Iのり☆のビデオをお持ちします。お楽しみになさっていてください。

藤先生、ところで夏休みはどこに行けるのでしょうか?(キャンプの事です)
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-18 01:26 | コフジビル17年授業日誌
ダラダラ日誌2  6/8
こんにちわ、舛田 健太郎です。今回も舛田が書く事となりました。
という訳で本日の日誌でございます。。

今日は講師の方々がいらっしゃらないので、あらかじめ決めてあるメンバーで次回の発表に向けフィールドワークを行い、マップを作るになっている。
前日、土谷さんから送られてきたメールの指示を参考にして行動。
テーマは前回の日誌にある通り、
神様・災害マップ 
動植物マップ 
なげやり・スキママップ 
いどばたスポット・写り系マップ
です。

13分ほど遅れて到着。
階段で佐藤さんと出くわす。
誰も来ないので、タバコを買いに行くところだったらしい。
確かに誰もいなかった。。。

d0047065_0104767.jpg
佐藤さんとは一緒に動植物をやることになっているので、寂しいながらもポツポツと開始する。
彼女はフィールドワークに慣れているらしく、ビデオカメラや図鑑など、必要な道具を持参してくれた。感謝です。
僕はデジカメのみ。
その後、少しして鈴木さんが到着。

っと今、日本代表のワールドカップ出場が決定しました。
おめでとう、日本!

d0047065_012887.jpg

工藤さんや野口さんもきて、活気がではじめました。
細貝さんも二時半にはくるとのこと。
で、色々と話し合ってみるも漠然としています。
とりあえず出ようということで、一足はやく街に出ることにしました。

神保町駅周辺から攻めて行こうという算段でしたが、すぐ隣の愛全公園から手付け。
実際にテーマに沿った目で、改めて周りを見てみると見慣れたものでもとってもおもしろいです。
d0047065_043466.jpg

まるで子供の頃に戻ったようで少しはしゃぎすぎてしまいました。
d0047065_033546.jpg

紫陽花、ツツジ、金魚、油虫、テントウムシ、ケヤキ、土、建物と建物の間、蟻の巣などに顔を近づけてみるとなんだかこんなに多彩なものが周りにありながらなんで今までのっぺりした印象しか持てなかったんだろうなあ、などと思ったりします。

ところで、神保町の人たちは狭いスペースをうまく生かす術に長けています。
ところ狭しと鉢植えを並べたり、なんとエロ本を隠したりもするのです。
一番人気がある鉢植えはアロエで、そういった鉢植えが並べてある様はいかにも日本的で、風情ある佇まいを呈しておりました。
d0047065_062468.jpg

街全体が、少し大通りを外れると落ち着いた風情ある街なんですねえ。。

d0047065_071383.jpg
でも時々場違いな巨大で不気味な植物が自生していたりします。
僕はアフリカの植物だと睨んでいるのですが実際のところどうなのでしょうか。

などとくだらないことを考えている間にも佐藤さんはめぼしいものを後で場所がわかりやすい様に撮影していて、大助かりなことこの上なし。
それにしても謎のゴミ屋敷を発見したときは感動しました。
d0047065_0154985.jpg
うっそうと植物が茂っていましたが怪しげな宗教グッズが玄関の上に配置してあって、どちらかと言えば神様・災害の範疇なのではないか。

神保町界隈ではおそらくもっとも緑が多いのではないか、と思われる公園に足が向いた頃には
二時間ほどが経過していました。。
d0047065_081321.jpg
明大の裏にあるこの公園は、近くの大学生や子供たちやおっさんたちの憩いの場になっているようで、沢山の人たちが遊んでいたりくつろいだりしています。
動植物も多く、池にはザリガニなども生息していました。
うっそうとした木々の下の土を掘り返してみると生き物は多いのですが、それより土が悪い。
というより臭い。佐藤さんはおもわず土壌が腐ってる、と言っていました。
それでも池に流れ込む水は浄水機を通したきれいな水で、一応環境には気を使っているようでした。
d0047065_084719.jpg
神保町ではあちこちで猫を見かけるのですが、この公園内に猫専用のダンボールハウスが設置してありました。誰が置いたのであろうか。
d0047065_0143917.jpg
疲れたのでかけそばなどで腹ごしらえしつつも美学校に戻ってみると、小山さんと細貝さんも来ていて、どのような形で発表するか話し合っているようでした。
細貝さんと野口さんが僕のソックリさんが煙草をすっているの見たそうです。
煙草を吸った覚えはありません。ドッペルゲンガー?

d0047065_0133422.jpg

多分それぞれが全く違った形での発表になると思います。
色々なパターンが出れば、それを受けて次に繋がることもたくさん出ると思うので楽しみです。

ただ、やはり少し時間が足りなかったのでとりあえず佐藤さんと僕は土日に美学校に来て、色々とやることにしました。もしお時間があったら一緒にいかがでしょうか。
来週までにちゃんと形になるのか不安もあったりします。

鈴木さんが新宿でのお食事にさそって下さいましたが、金欠のため断念。
金はわりとない時が多いです。

ともあれフィールドワークは楽しくて、心地よい疲れが残りました。
お疲れ様でした。

それでは、失礼します。
舛田 健太郎
d0047065_0171857.jpg

[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-09 00:21 | コフジビル17年授業日誌
日誌です。
舛田 健太郎です。こんにちは。

昨日はあまりの眠さに、風呂にも入らずねてしまいました。
ごめんなさい。m(__)m
少し遅れましたが、日誌です。

髪の毛があまりにもっさりしていて、自分で自分が気持ち悪かったので散髪に行っていたら遅刻してしまいました。
来てみたらちょうど宿題を発表しているところでしたが、みんなちゃんと考えてきていてびっくりしてしまいました。
発想がおもしろくて、頭の固い僕も何とかしないとイカンなあ、と思っちゃいました。
銭湯、良いですねえ。
思いついたことを細貝さんの様に皆にわかりやすい形にしてみせることが、コフジメンバーにとってとっても大事なことなんですね。

野口さんが絵本をとても堂に入った読みっぷりで朗読してくださいました。
素晴らしいスキルなので、是非ともコフジビルのためにその力を貸してくださいますようお願いしたいです。
それと、とても大事だとおもったのは藤さんが作っている環境を感じさせないのが良い作品だ、と言っていたこと。
やっぱり意識していないと自然に出ちゃうから。
そこに無頓着になるのは良くないな、と思います。

その後みんなで美学校周辺をフィールドワーク。
表示でみる、機能でみる、年代によって異なる様式に注視しながらみる、など普段意識しない見方で街を見るということのおもしろさ。
みんなでいくと色んな意見を聞けて楽しいです。

一時間弱見て回って、次回どんなテーマごとにみて回るか決めました。
神様・災害マップ
動植物マップ
なげやり・スキママップ
いどばたスポット・写り系マップ
を二・三人に分けて調べることになりました。
どういうものが出来上がるのか楽しみです。

美学校が終わった後みんなで飲みに行きました。
和民なんですが、かなり立派な、和民の王といった感じの和民。
個人的には授業と同じくらい飲み時間は大切だと思っています。(笑)

色々話をうかがったのですが、気になるものの一つはこれ。
メイドカフェ話から発展して思いついたオニババーは、はたして実現するのでしょうかね。
あったらいってみたいです。

どうすれば枝豆の皮から価値のあるものを作りだせるか、とか。
絶対普段考えないようなことをシリアスに考えてみたりして、おもしろいですね。

それと、自分にあるものを全部出せるか、というのが僕は今後の問題点だと思います。
とても勇気が要る。

なんか日誌っぽくなりませんでした。
どなたか日誌とはかくあるべきだ、という見本を見せていただきたいです。

もっと大切なことがいろいろあったと思うので、
足りないところはどんどん補足してね。

それでは、失礼します。
舛田 健太郎
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-03 00:49 | コフジビル17年授業日誌
コフジのフジの授業でした。
d0047065_9531478.jpgコフジのフジの授業。
新しいメンバーの紹介でライブのビデオやパフォーマンスのビデオを拝見。
スズキユウコなかなかやるなー。

以前たまたま情報で見かけたライブパフォーマンスのグループにいるとか。
なかなかこそばい所をついている興味深い活動。僕としてはなんだかとても懐かしい。

で、イメージはどこか来るのかという僕の個人的な考えを話し、その後空間をいろいろあげてみてそこに何かを表現するという簡単なワークショップを行う。

More
[PR]
by bill-kofuji | 2005-05-25 09:43 | コフジビル17年授業日誌
5月18日
土谷さんからKOSUGE1-16の活動を紹介していただいて、
その後、各自今までやった記録の発表。
フィールドワークに行こうとしたところで雨が降りおしまい。
そんな1日でした。

う~ん。我ながら素っ気なさすぎる・・・。
自分の担当の時はハズレです。
ランダムにハズレが入っていた方がワクワクしない??

工藤
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-05-19 02:29 | コフジビル17年授業日誌
コフジビルはじまる
d0047065_1735141.jpg美学校の授業がついにはじまりました。結局受講者は7名。今日の参加は6名。それに見学者が1人。無事授業が開講されることになりました。

藤が毎週福岡から東京に行くと相当な交通費になりとても無理なので、毎月1回程度は必ず参加するとして、あとはKOSUGE1-16がナビゲートすることに。

神保町の周辺のリサーチからはじめますが、伝説のパフォーマンスを模写する授業とか、ゲリラ的な展覧会とかいろいろ試みることから始めたいと思います。

僕が遠いので授業で何があったのか、皆さんのイメージやアイデアを交換してゆく場としてこのサイトをつくってみました。皆で共有して書き込んで行きましょう

藤浩志
[PR]
by bill-kofuji | 2005-05-11 17:35 | コフジビル17年授業日誌
   

コフジビルはkosuge1-16と藤浩志とが美学校の学生と行うアートプロジェクトです。何もない状態から様々な活動がはじまるプロセスをお楽しみいただければいいのですが・・・。
by Bill-Kofuji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧