> カテゴリ
全体
コフジビルとは
コフジビル19
コフジビル18年
コフジビル17年授業日誌
17年概要説明
17年メンバー紹介
コフジアイス
17年講師報告
17年疑問質問
17年告知
17年イベント
そのほか
未分類
カテゴリ:17年講師報告( 5 )
コフジアイス in Japan
d0047065_23485781.jpgKOSUGE1-16:土谷です。

自転車部の作った「かき氷自転車」で、コフジビルがこの夏、全国ツアー!
プロジェクト名「コフジアイス in JAPAN」

というのが企画案に上がりました。
北は青森、南は別府まで、出前するというも。

詳細は、学生の日誌で!
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-07-06 23:51 | 17年講師報告
6/22
土谷です。
今日も板書が沢山です。
人数は最低。
みんな休む時は連絡入れて下さいね。

d0047065_0483610.jpg

d0047065_0485793.jpg

d0047065_0492792.jpg

先週話し合った事は結構破綻しました。「マップはしっかり作ろうよ!みんなでつくろうよ!」というマスケンの発言から、再びしゃべり場状態のミーティングへ。様々な事を堂々回り。この過程が僕は大切と思う。同じ所に行き着いても、以前とは確実に厚みが違う。断然に迷いが無くなる。それぞれが何をやろうと、全体でマップは作ろうという事になりました。ミーティングの後、データベース構築に必要なMacの講習。Bill-Kofujiのメールアドレスを取得。そこへ皆が写メールを送り、画像とデータを蓄積していくことになった。このマップはテーマはしぼらない。各自が神保町をウロウロと歩き回り、様々な環境に出くわし、色々な事を感じ、考え、迷った事の集積のマップとなっていくと思う。
マップは手書きの大きなマップを第1に制作する。平行して、デジタル化されたマップも作ろうという方向性です。撮った写真はプリントアウトして、大きなマップにも張って行きます。
d0047065_040069.jpgmac研修後、フィールドワークへ。
d0047065_0401811.jpg
d0047065_0403180.jpg
d0047065_0413324.jpg前回のフィールドワークから回数も重ねたので、慣れて来た感じ。いい感じなのでは。

取り急ぎ、ざっくりと報告でした。
野口さん、日誌よろしくね!
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-24 00:41 | 17年講師報告
6/15
d0047065_0265366.jpg
土谷です。
報告おそくなりました! ごめんなさい。。。

さてさて、6/15の授業はまず、自分に宿題を出してそれをやってくる宿題の発表からスタート。
しかし、佐藤さんしかやってきていませんでした。左写真がそれ。
自宅アパートで徹夜して大きな発砲スチロールの固まりからヤギの頭の形をした「カブリモノ」
を制作するビデオ。どうやらこれをかぶって上野動物園のヤギ山へ行くという魂胆らしい。。。しかし、、ビデオの場面が代わり、上野動物園の映像が映った瞬間にテープが終了。
全員を引き付け、期待させ、そしておちがこれ。「続きのテープ忘れたので来週持ってきます」

引き続き、先週の課題「神保町コフジマップ」制作の為のフィールドワークの発表を各チーム毎におこなう。



d0047065_0372430.jpg
■細貝・野口「スキマなげやりウオッチングマップ」チーム
フィールドワークの方法----歩いてみてまわった。らしい。
記録----なし。(イラストなり何かのメディアに残してほしかったが。ま〜いいか。)
作るマップ(イメージ)----「国旗の絵本」などの様に視覚的に入って来るマップ。たとえば神保町をメルヘン的なイメージに変換して物語をつくってしまう。それを綴る絵本のマップをつくる。
>2人の間では、いわゆるマップを超越してメルヘンの共有に至ってしまった。のだと思う。。。


■鈴木・工藤「神様・震災マップ」チーム
フィールドワークの方法----鈴木さんの鍵にお守りがついているので、それを頼った。具体的には、交差点毎に鍵を落とし向いた方向に進むというもの。
記録----なし。(工藤君、写真機の出番じゃないのか?何かメディアに残してほしかったな〜)
作るマップ(イメージ)----唄のマップ。工藤君が朗読をする。らしい。
備考----震災はやめた。らしい。

■小山「井戸端会議マップ」チーム
フィールドワークの方法----マップ片手に神保町界隈を歩く。井戸端会議を見つけたら、そば耳をたてる。しばらく観察。
記録----井戸端会議スポットを記す。統計をとる。
           全11組発見。
           2人>5組
           3人>2組
           井戸端仕掛人のおじいさん発見。
           この人は通りかかる高校生に必ず話しかける。
           特に女の子の場合は口調が変わる。
作るマップ(イメージ)----街への些細なアクションを通して井戸端を誘発する。

d0047065_173573.jpg
■佐藤・舛田「動植物マップ」チーム
フィールドワークの方法----ビデオとカメラを持参して、ひたすらあるく。必要ならば聞き込み。
記録----ビデオ。写真とイラストを使って大きなマップに落としこむ。
d0047065_181939.jpg
作るマップ(イメージ)----舛田君が引き続き、今回制作したマップの完成度を上げる。とのこと。佐藤さんはパフォーマンスやアクションへ転換したいとのこと。(例えば猫ハウスに住み込む。とか。

d0047065_19853.jpg
備考---佐藤舛田チームのフィールドワークビデオを鑑賞。神保町周辺の中の沢山の生き物たちがうつっていた。左の写真は糸トンボ。それから、狭い路地やビルの屋上、スキマに入り込む等、時には地面を掘り起こしたり、石をどかしたり、アドベンチャーの様な感じで楽しんで歩いていたっぽい。
彼等の新鮮な感覚を共有できた時間だった。
複数の日にちをフィールドワークに注ぎ込み、最終日は佐藤さんの発熱で打ち切りになったらしい。ビデオも最後の方は、疲れ果てて地面にしゃがみ込んだアングルが多かった。


d0047065_1173987.jpg
で、ここからは何にも媒体に落としこんでいなかったチームに、発見したものを舛田佐藤チーム制作の大きなマップに書き込んでもらう。


d0047065_1275466.jpg
そのあと、このコフジビル第1回目プロジェクトをどの様な方向へ進めて行くかをディスカッション。各チームのフィールドワークのプレゼンを聞いて、それぞれに意見や感想を言ってもらう。土谷はひたすら板書。
まずは、マップと言ったのになんでマップにならないチームが多く出現したのか。この辺をディスカッション。それぞれのリアリティーや方向性を共有しようとする。
お互いに、かなり勝手な事を言い合いながらグチャグチャになっていく。それにしても今回集まったコフジビルのメンバーは灰汁が強い。なかなかお互いにひかない。
どうやら基をたどると、マップには落とさないで、結局各自が発案するイメージの表現をみんなで一緒にやりたいらしい。
当初決めていた「神保町コフジマップ」のテーマ別リサーチマップは結局マップという形をとらず、かなり個性的で主観的な「神保町コフジマップ」へとなる事になった。

言い出しっぺが、やりたい事をそれぞれプロジェクトとして担当する。
具体的には、
・音楽(うた?)---「日本人鈴木合唱団」という企画。7/13ライブ! 担当:鈴木
・物語(紙芝居?)---神保町コフジマップとしてマガジン形式に皆のアクションを収録する。担当:野口、細貝
・回覧板---神保町限定の些細なアクション。 担当:小山
・マップ---今回のフィールドワークで制作した佐藤・舛田チームのマップの発展型。担当:舛田
・パフォーマンス---猫ハウスに泊まり込みなど、パフォーマンスとして落としこむ。担当:佐藤

そして、土谷からアサヒアートフェスティバルへ参加する自転車部の企画WHEEL projectへもコフジビルとして関われないか?と投げかける。
関わり方は、例えば、今回の「神保町コフジマップ」の一つの着地点として発表の場としてなど。どの様な関わり方になるかはまだ未定だが、7/9の墨田聖書教会の会堂での日本人鈴木合唱団のライブだとか、紙芝居だとか。これらは自転車でモバイルして神保町周辺でゲリラできるのでは、だとか。
自転車部のWHEEL projectは、形があって無いようなモノだから、合意が得られれば多様な事が可能である。その点を利用して、コフジビルのアウトプットの演習として「神保町コフジマップ」の企画ものせれば良いと思うのだが。
次回の授業では、各自の担当企画についてイメージをより具体化して、共有化できるようにしていこうと思う。例えば、合唱などの様に、人数が必要な場合に人へお願いする為にも。自分が勝手に思い付いたイメージに人を巻き込むという事について、話したいです。
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-21 01:28 | 17年講師報告
6/1
KOSUGE1-16の土谷です。

6月1日の授業風景です。
d0047065_224837.jpg
d0047065_23211.jpg
d0047065_24514.jpg
d0047065_243744.jpg
d0047065_265442.jpg
d0047065_272115.jpg

来週はマップ作り。
第1回プロジェクト名:「神保町コフジマップ」
鈴木さん、プロジェクトリーダーよろしくお願いします!

※誰か、携帯でも良いので写真をお願いしますね。
[PR]
by Bill-Kofuji | 2005-06-03 01:50 | 17年講師報告
5/18
土谷です。

d0047065_1361997.jpg
本日の出席者
・細貝
・工藤(本日の日誌担当!よろしくね。)
・舛田
・小山
・佐藤
・鈴木(本日から)
・声優をしている見学者(天婦羅が苦手)

左の写真は細貝さんからの差入で、駄菓子盛沢山。


d0047065_1371170.jpgKOSUGE1-16の活動紹介の後、各自持参した作品等を紹介しあいました。
・工藤---写真。主にセルフポートレート。
・細貝---はにわとゴジラについて考えた事。
・舛田---ドローイング。線描。内面から出てくるパターン。
・小山---ドローイング。授業落書き系。ほのぼの。
・鈴木---油彩画。描く口実。パフォーマンスの話。
・佐藤---油彩画の画像。厚塗り勝負。環境問題を孕む表現。



d0047065_1365685.jpg机の上は、いろんなマップや資料。フィールドワークに向けて、いろんな方法を紹介しました。
・考現学
・グリーンマップ
・新開地マップ
・建築家系の都市観察。フィールドワーク。マップ。
・ハイレッドセンター
・スケートボード

フィールドワークする側の興味に応じて、見えてくるものが異なるという事。
多様に集まるレイヤーから何をセレクトするのか。



d0047065_1363561.jpg1時間程のこして、ひとおおりの説明が終わり、外でフィールドワークごっこをしようとしたら、突然の雨。傘も持っていなかったので、結局室内で引続きトーク。

[PR]
by Bill-kofuji | 2005-05-22 03:10 | 17年講師報告
   

コフジビルはkosuge1-16と藤浩志とが美学校の学生と行うアートプロジェクトです。何もない状態から様々な活動がはじまるプロセスをお楽しみいただければいいのですが・・・。
by Bill-Kofuji
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧