> カテゴリ
全体
コフジビルとは
コフジビル19
コフジビル18年
コフジビル17年授業日誌
17年概要説明
17年メンバー紹介
コフジアイス
17年講師報告
17年疑問質問
17年告知
17年イベント
そのほか
未分類
<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
1/18(水) 日誌
舛田です。
Higureでの展示について話し合いが行われました。
大きな模造紙に思いついたことをかいていく方式でブレスト。
d0047065_355278.jpg

各々がどのような作品を構想しているか確認。
ついで展示位置の仮決め、ポイント制をいかに絡ませて行くかについても話し合われました。
以下作品についてやキーワードなどが模造紙に書かれた内容です。
かえっこが前半一回、最後に一回の計二回行われることを展示の前提としました。

d0047065_3565359.jpg

Kosuge1-16
・イカサマジュエリーWS →小菅のつぶれた工場に残されていた大量の偽宝石を使ったワークショップ。アクセサリーやシャンデリアなどを作ってもらう。
・駄菓子屋

d0047065_3562078.jpg
スズユウ・サロン・ド・本人

・オープニングパーティー →DJやドラッグクイーンを呼ぶ
・おふく炉房 →谷中のお母さんの味を募集 常設?
・合唱団
d0047065_3572990.jpg

佐藤
・常駐
・増設ダンボールハウス →日に日に増築。壊す日もある。宝引きで破壊
・ラジオ配信→その場でスピーカーから流す。ネットで配信も。FMも検討?
・子供のバイトを雇う→放送に参加してもらったり、ダンボールハウスを増築してもらったり。
・紙芝居(カズコとヨーコ)
d0047065_3575137.jpg

舛田
蒸気機関占い →釜鳴り神事。また蒸気にまつわる実験の失敗の数々を収めた映像作品も。
d0047065_358740.jpg

小野
ひろろの森美術館
小野さんが描いて、ホルダーに収めてあるドローイング付名刺を、お客さんが描いたドローイング付名刺と交換してもらう。お客さんが描いたドローイングはひろろの森美術館のコレクションである。
ホルダーを展示することよってお客さんのドローイングが展示作品となる。→お客さんを作家に。「参加したら作家になった」
d0047065_3582745.jpg

以上です。


これらの作品に参加(バイト)したらかえるポイントがもらえるようにするなどして参加を促す。
ただしポイントを消費するタイプ(Take)よりも、もらうタイプ(Give)のコンテンツが多いと言う問題がある。
二週間ある会期、かえるポイントを消費するコンテンツが充実しなければすぐに飽きられてしまう。

もちろん予算はないので増やしたポイントを換金などすることはできず(かえっこの禁止事項にも触れますよね)、お客さんに「損した感」をあたえてしまう可能性がある。
だけどもポイント制を導入しないことには、相互に関係性のないただの作品の陳列に終わってしまう。。
かえるポイントのことを念頭において作品を考え直す必要があると思います。
模造紙にもありますが、かえるポイントと全体をいかに関わらせるかがミソであり、課題です。


展示スペースの割り振りはしましたが、まだ参加するか不明なメンバーもいるので流動的だと思います。
現時点では、二階に小野・佐藤。一階に鈴木、ワークショップのためのスペース。かえっこやイカサマジュエリーはここです。舛田、地下室の入り口前。カキ氷自転車を外に設置します。
かえっこバンク受付は入ってすぐ右です。
d0047065_3585564.jpg

d0047065_3591098.jpg


取り急ぎ報告しました。よろしくお願いします。
[PR]
by Bill-Kofuji | 2006-01-20 04:34 | コフジビル17年授業日誌
1/11 授業日誌
佐藤です。

昨日は藤さんの授業でした。出席は佐藤、舛田、鈴木

●授業内容

・展示に向けて各個人の企画を練る、そしてそれを発表
佐藤:ダンボールハウスを増築し続ける&ラジオ発信
舛田:蒸気機関&占い
鈴木:おふく炉房&サロン・ド・本人&合唱発表会
全体:コフジアイスのビデオや個人の活動で見せたいビデオを流す

・各企画内容についての強度と深度、企画をやることによって何がかわるのかを考える。

・展示にあたって必要な事について
会期3/8~22 (設営、撤去含む)
フライヤー1000部(コート紙、A4を三つ折、片面4色、裏面モノクロで¥10300)
フライヤー配布方法(ギャラリーの名簿から郵送、ポスティング、直接配布など)
情報誌関係へ入稿(1月末までに)

フライヤー制作担当:鈴木(1月末までに)
プレス担当:舛田(1月末までに)


●授業後話し合いでの決定事項
・展示の名前「プレイランドKOFUJI
・藤さんはオーナー、KOSUGEさんは店長

☆カエルポイント関係
・各個人カエルポイントが発生するような内容を考える(例えばダンボールハウス増築を手伝うと1ポイント貰える)
・各個人カエルポイントが使える内容を考える(例えば2ポイントで占いができる)
・カエルポイントで福引ができる
 谷中各家庭から不用品を収集し、福引の景品にする

・フライヤー内容
三つ折にして表
(左から)表紙、場所会期、システムの内容

(左から)出品者について、出品者について、細かい日程
d0047065_21414371.jpg
では皆さん頑張りましょう

[PR]
by bill-kofuji | 2006-01-12 21:48 | コフジビル17年授業日誌
日誌
あけましておめでとうございます。
舛田です。

去年最後の授業報告をしてなかった!のでダイジェスト的に書きます。
毎度遅れてすみません。

年内最後の授業でした。
風邪などで欠席も多く、藤さんと土谷さんと3人で卒展について話をしました。

チラシ・フライヤーなどをどうするか、会期をどのくらいとるか、それから会場をいかに使うか、
など。
ギャラリー空間を分譲して貸し出すとか姉歯問題にかけてコフジ「偽装」ビルとか、おもしろアイディア続出。
というか何でもとりあえず言ってみるのが肝心です。

でも人数がそろわないことには先にいけないので保留です。

俺の火を用いた試作オブジェを見てもらいましたが、煙が臭い上にダメダメなところが露見。
これは日々改良を加えており、卒展に出す予定です。

藤さんが実際にスペースを見てみたいということで、アポを取って日暮里に移動。
そこでスズユウと合流しました。

HIGURE 17-15 CASは日暮里駅から徒歩ですぐ。
ダメでもともと、卒業展の話を持っていったのだが、信じられないくらいよい条件で使用を許可してくださった。
とはいえ、かなりずうずうしいことをしてしまったと思う。

東京スタジオの方々にコフジビル一同、深く感謝致します。

ここはかなり広いスペースなので色んな使い方があると思う。あたりは閑静な住宅地であり、近くに商店街がある。この地域性を考えつつ作品を作るのもおもしろいかもしれない。
時間があったら是非一度言行ってみて欲しい。素晴らしいスペースである。

その後美学校に戻りまして、再び話し合い。
野口さんと細貝さんは合同でやるらしいですね。
小山さんと工藤さんは最近来ないが、どうするのだろうか…。
コフジアイスの末路なども含めて展示できるといいですね。

授業後、忘年会もかねて飲みに行きました。
日沼さんと藤川さんも途中で合流。
おじさんたちの話に聞き耳を立てていましたが、なかなか把握しきれず。

ただ、人を巻き込む地域型プロジェクトの場合、予想だにしない障害とも闘わねばならないという話は実践を重ねてきた人たちだけに切実であっておもしろかったです。

いい感じで出来上がったところでカラオケに。
日沼さんと藤さんはかなりうまいです。
スズユウにいたってはプロ。
土谷さんとおれは微妙でしょう。。

終電もなくなりそうだったので小菅に一泊。
お世話になりました。

舛田健太郎
[PR]
by Bill-Kofuji | 2006-01-01 18:47 | コフジビル17年授業日誌
   

コフジビルはkosuge1-16と藤浩志とが美学校の学生と行うアートプロジェクトです。何もない状態から様々な活動がはじまるプロセスをお楽しみいただければいいのですが・・・。
by Bill-Kofuji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧